通信制高校のサポート校を利用した新しい教育スタイル

働きながら高卒資格が得られる通信制高校とは

通信制高校とはその名の通り、通信による教育を行う高校のことを言います。
学校教育法により、修業年限は三年以上と定められています。
通信制は全日制や定時制と並ぶ教育課程ですが、これら二つと異なるのは、個々のペースで学び卒業資格を取る事ができる点です。
その為、やむを得ない事情で中途退学してしまった生徒や、不登校の生徒に適した教育スタイルです。
また高校に行かずに働く勤労者が、仕事をしながら高校の卒業資格を取る事もでき、これからも通信制高校は増えていくことが予想されます。

通信制高校サポート校について

通信制高校は、主に自宅での学習が中心となります。
レポート提出を行い添削指導、面接指導となり単位取得をしていき卒業するという過程です。
柔軟が学習カリキュラムとなっており修学年数は基本3年間となっています。
通信制高校は、基本的に自宅での学習ですので独学となります。
予定通りレポートを作成することができなければ単位を取得することはできません。
そういった方には、サポート校というものがあり学習をバックアップしてくれます。

落第するのを防ぐのがサポート校での補習授業

最近では、入学と同時にサポート校を利用する人が増えてきています。
サポート校は、学習塾や予備校が運営しておりそれぞれ特色をもっています。
学校行事に力を入れるところもありますので自分に適したサポート校を探してみると良いでしょう。
レポート作成や単位認定に向けての対策や指導を丁寧に行っていたり、多くのサポート校では個人のペースに合わせて学習できる内容になっていますので、安心して学ぶことが出来るでしょう。

レポート提出の自習もできる

授業スタイルは基本的に自学学習により、レポートや面接指導、試験を通じて単位を取得していきます。
レポートは通常、自宅での学習が主であり学校が定めた回数分のレポートを提出する形です。
最近では、インターネットを使ったレポート提出が行われています。
通信制高校には、スクーリングという面接指導があります。
これは毎日の自学学習で疑問に思うところや、わからないことを質問し、直接指導を受けることを言います。
また、一般の高校と同じく様々な学科があることも特徴です。

Copyright© 2014 あなたのための高級賃貸情報 All Rights Reserved.